トップ > Blog > 梅雨シーズン広がるくせ毛の対処方法

Blog
ブログ
梅雨シーズン広がるくせ毛の対処方法
2017.6.29

こんにちは!今年は梅雨になっても雨が少ないですね。

今回は広がるくせ毛の対処方法を紹介していきます。

 

・・・湿気で髪が広がる原因・・・

髪の水分量が髪全体に均等になってないことが原因で

髪が広がってしまいます。

表面のキューティクルがはがれている部分がバラバラに

ありその部分に湿気を吸い込んでしまい広がっていくのです。

結果、うねりが強く発生してしまうんです。

くせ毛の方だけでなく、髪の傷みがある方はこの時期は

広がりやすくまとまりがないですよね。

 

・・・シャンプーの選び方・・・

広がりやすい髪質の方は市販のものでもサロンのものでも

なるべく「しっとり・重たい仕上がり」

になるものを選ぶといいです。普段はサラサラ派の方も

この時期だけはしっとりとしたシャンプーの方が

広がらなくていいです。

髪の毛の一本一本が太くてゴワつく髪・ボサボサ広がり

やすい髪に特化したくせ毛専用のシャンプー

ムコタアイレ・デューンEXシャンプーなどあります。

 

・・・トリートメントの選び方・・・

トリートメントもシャンプーと同様「しっとり・まとまる」

ものになるものがいいです。

トリートメントをつけてすぐに流さずに5分くらい

おいてから洗い流した方がより成分を髪の中へ浸透させる

ために時間をおくわけなので、すぐ流すのははっきり言って

もったいないです!

 

シャンプー・トリートメントを変えることで広がりをおさえる

こともできます。

 

・・・夜のケア・・・

シャンプー・トリートメントをしタオルドライ後、ドライヤーで

乾かす前にヘアクリームを根元を5センチぐらい外し、特に

広がりやすいところを中心によくのばしながらぬってくださいね。

ヘアクリーム系はじっくりと浸透するものなので夜のケアには

最適です。

 

・・・ドライヤーでの乾かし方・・・

(くせで広がった髪をおさえる場合)

ドライヤーの風を根元から毛先に向けて表面から乾かすように

してみてください。頭頂部から毛先に向かってです。

ついついドライヤーを持つ手も疲れるし、熱がこもり

やすいので下からあおるようにドライヤーの風をあててる方を

スーパー銭湯などでよく見かけます。

下からあおるように乾かすとキューティクルの向きに

逆らうので仕上がりの手触り・つやなどが悪くせっかくいい

シャンプー・トリートメントを使ってもここで台無しに・・・

いい成分を髪に浸透させてもキューティクルをきれいに

閉じてあげないと成分が流出しやすく、よけいな湿気を吸い込み

やすくなりその結果うねりがでて広がりボサボサ・パサパサに

なるからです。

キューティクルの方向は根元から毛先に向かって完全に乾かす

ことできれいに閉じてくれます。

熱風で乾かした後は必ずドライヤーのクール(冷風)で

髪全体を冷ましてくださいね!

夜のうちにここまで仕上げて朝起きたときにねぐせなど

ついていたらアイロンなどで仕上げるとより広がらない

艶やかな仕上がりになります。

あまりにも広がりが気になるのならこの時期だけでも

縮毛矯正などおすすめします。

 

 

 

 

多治見市笠原町2455-261
TEL 0572-51-1371